読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鈴木日記

思ったこと感じたこと忘れたくないこと

鈴木です 9 しごとバーのはなし

大学2年生の頃に、しごとバーとかいう良く分からないイベントに参加しました。

 

 

 

普通の就活に負けたくない!

 

 

 

と力んでいた当時。

 

何かしら違う流れを自分なりに掴もうと必死でした。

 

 

 

「社会人でも社会人になる前の学生でも、とりあえず集まって語ってみようぜ」

 

という趣旨のもので、イベントとは言いつつも言ってしまえば所詮ただのバーはバーであり、司会・進行とかがいるわけでもない物凄くフリーなそれでした。

 

 

 

そこで何人かと話をしたのですが、そこに物凄く変な男がいました。

 

 

 

彼曰く、「自分はもう内定持ってる!」

 

というので何かと聞くと

 

「農業!」(そして自分で言って自分で爆笑する)

 

と返され、ああーこの人が作った野菜は食べたくないなぁと考えながら喋らせておくと、

 

 

自分は世界を旅してきて、いわゆる普通の仕事は必須ではないと分かった。全てはラブアンドピース。自由なんだよ皆があんなに欲しがってる内定だって持ってる。羨ましいでしょ??

 

 

 

と散々。

 

「女友達だから!」と紹介する隣りに座る女性といちゃつきはじめて辟易としていたところ、

 

突然

 

 

 

 

「でもわかる?僕は明日にでも君を殺そうと思えば殺せるんだよ。」

 

 

って言われて。 

 

 

 

その時いきなり農業の内定の話だとかラブアンドピースだとかボブディランリスペクト!とか全てが説得力を持った気がして、何だか物凄く悔しくなって。

 

 

 

席を替えてエレガントなお姉さんと暫くお話し、「このひとは波長が合うな〜さっきの意味不明な男とは大違いだ!」と内心どこか安心しつつ喜んでいたものの、今思い返せばこのお姉さまの話の大半は私への営業だったなぁ。

 

 

 

 

挙げ句の果てには何を勘違いしたか「すごいタイプ」と言う天パの自称カメラマンのお兄さんにターゲットとして定められる気配を察し、

 

その前に駅まで走って逃げて帰ったのでした。。

 

 

 

 

 

そんなこんなで何も実りはないような「しごとバー」でしたが、

 

数年経って思い返してみれば当時とは違うように色々感じられるのだなぁ。

 

ということを実感したのでした。

 

 

 

 

おしまい

 

鈴木です 8

 おじいさんって良く何色とも形容し難い色の洋服着てる気がする。

 

 

ウグイス色とも言えない絶妙に黄土色が混ざった黄緑色とか。

 

 

ピンクじゃないけどピンクなんだよなー

でもピンクとは呼びたくないんだよなーーって色とか。

 

 

 

 

 

 

休日で久しぶりに地元を朝散歩して思ったことでした。

 

 

 

おしまい。

 

 

鈴木です 7

電車の座席って冷静に考えると物凄い狭さで、

 

 

 

例えば食堂やカフェ、病院の待合室、映画館、、

 

 

どこをとってもあそこまで隣の人と密接する座席ってなくて。

 

 

 

 

あんなに他人とピタッとくっついて座るのって、結構苦痛だし、

 

そもそも日本人の距離感としてあれは過剰なくらいに近く設定されてると思うものの、、

 

それでも疑問を感じず毎日電車の座席だから、として座れることって不思議だ。  

 

 

 

 

小さい頃から「電車はこういうもの」

 

っていうように、当たり前が刷り込まれるってこうして起こるのだな、と感じました。

 

不思議です。

 

 

 

 

おしまい。

 

 

 

鈴木です 6

f:id:riodaarc:20170411012037p:image

 

 

 

幾多もあるアラーム

 

 

 

「ああーこれだけ色んな日を生きて来たんだな」

 

って思えるので消さない。消さない。

 

 

 

 

おしまい。

 

 

鈴木です 5

新年度早々風邪を引き寝込んでいました。情けない。

 

 

 

ところで私のお父さんは特別甘いものが好きと言うわけではない

 

甘ったるさに全振りしたケーキなどは苦手な人。(私は好き)

 

そんなお父さんがこれは美味い!と唸るケーキ屋さんを去年ついに発見。

 

ふだんあんまり美味しい!って言わない人に美味しい!って言ってもらえると嬉しいよね 当たり前か。

 

小さい頃もワイン美味しそうに飲んでる両親が好きでひたすらワイン勧めてた。

 

 

花見したいー

 

 

おしまい。

 

 

 

鈴木です 4

電話の時に漢字を「○○の○」って伝える時

 

例えば「柴田理恵」なら

 

「柴犬の柴に田んぼの田、理科の理に恵」

 

って伝える、私なら。

 

 

っていうようにどの言葉をピックアップするかに人間性が現れる気がします。素の。

 

暇だったらこれで統計とってみたいです。

 

 

 

おしまい。

 

 

鈴木です 3 就職活動

3月で就職活動解禁ということで

 

街でよくリクスーの子を見かけますね。

 

自分もつい2年前ああやって毎日のように説明会なんかに言ってたわけだけど

 

そして何とか今の会社の内定を勝ち取ったわけだけど

 

 

 

 

働き始めて1年経って 就職活動って呼ばれるそれが自分にとっての成功だったとは思えないな。

 

 

 

 

そもそも合同説明会とか行く意味ないと思うよ。

 

予定がないからって必死に何かしらに「とりあえず」行くのも、

 

目的無しに「とりあえず」インターンに参加するのも、

 

「とりあえず」就職活動している多数の波に乗れている(気がする)自分に安心してるだけだよ。

 

 

 

 

*1

 

 

 

 

 

異様だと思う。ビックサイトとか借りて就活イベントして、みーんな揃って黒のスーツ着て、授業で居眠り、代返依頼、おしゃべりしている学生らがいきなり別人みたいに真剣に企業の人の話をきいて。

 

 

それも、みんな周りに合わせてそうしてる。

 

自分は間違ってない、って確かめながら。それが日本の異様な就職活動の核だと思う。

 

青でもグレーでも正直人事なんかスーツの色なんて見てないよ、よっぽど有能な人でない限り。

 

 

 

 

 

 

 

 

にしても就職活動って不思議で、不思議と偽れば偽るほどうまく行けたり自分を大きくプレゼンできる人が勝ち組になれる訳だけど、

 

プラス学歴良ければそれなりに良いところ行けるのはもう殆ど保障されちゃう訳だけど、、

 

そんなシステムとうわべみたいなものでガチガチになった入社試験の末に入れる会社もたかが知れてるような気もする。。

 

 

 

 

変化だとか改革だとかを謳う企業は多く見たしそれに期待もしたけど、

 

だったら就活だって少しは変わってたっておかしくないのにね。って、2年前に気づくべきだったなー。はええー。

 

 

 

 

    

 

 

 

何が言いたいかまとめると。。

 

日本の就職活動における就活生しかり採用側の人事しかり、

 

多数派に所属することで安心してそれを必然的に良いものとして過信しすぎだし、すっごく悪い意味で変わろうとする意思がない。 上滑りの言葉だらけ。

 

  

 

  

な、気がします。

 

 

これだけ豊かな国なのに残念なことですが。

 

 

 

ここに書いてることぜーんぶ個人的な意見なわけですが、

 

就活生にアドバイスするならば、

 

 

 

自分を偽るな!素でいきなさい!

 

です。

 

 

 

無理して「みんな」が言う「良い会社」に入るのが正義ではないんだよ。  

 

自分にとってそこが「良い会社」ならば一番の場所です。

 

そしてその場所は、会社に選ばれるのではなく自分が選ぶべき場所。

 

面接だってこっちが選ぶ、くらいの心意気が丁度良いと思います。

 

 

 

 

 

 

帰宅中の長い電車のなかでアツくなってしまいました。

 

 

帰って夜ご飯を食べます。

 

おしまい。

 

 

 

 

*1:振り返ると少なくとも私はソウダッタ